【盛岡・クラスターC結果】マテラスカイがゴール前で抜け出し日本レコードでV



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 10日、盛岡競馬場で行われた第25回クラスターC(3歳上・JpnIII・ダ1200m・1着賞金2300万円)は、2番手でレースを進めた武豊騎手騎乗の1番人気マテラスカイ(牡6、栗東・森秀行厩舎)が、逃げ粘る3番人気ヒロシゲゴールド(牡5、栗東・北出成人厩舎)をゴール前で捕らえて抜け出し、これに1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分8秒5(良、日本レコード)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に4番人気ブルドッグボス(牡8、浦和・小久保智厩舎)が入った。なお、2番人気トップウイナー(牡4、栗東・鈴木孝志厩舎)はブルドッグボスと2.1/2馬身差の4着に終わった。

 勝ったマテラスカイは、父Speightstown、母Mostaqeleh、その父Rahyという血統の米国産馬。2018年7月のプロキオンS以来となる待望の重賞2勝目を飾った。通算成績はこれで30戦7勝。


【競馬マンション】
http://keiba-msn.com

◆青木義明が主宰する創業21年の老舗・競馬マンションは元調教師からオーディション合格者まで、プロ予想家が渾身の予想をお届けしています。サイトの会員登録は無料です。よろしければご利用ください。