サンスポ競馬
http://race.sanspo.com/



 先週末は英仏で5つのGIが行われた。最も衝撃的だったのは、4日の英オークスを9馬身差で勝ち、英牝馬クラシック2冠を達成したラヴ(愛=A・オブライエン)の走りで、新たな怪物牝馬誕生と話題になっている。

 勝ちタイム2分34秒06(良)は3年前のエネイブルの記録を0秒07更新するレースレコード。そのエネイブルが5日のエクリプスSで2着に敗れ、ブックメーカーはオッズを動かし、ラヴが凱旋門賞(10月4日、仏パリロンシャン、GI、芝2400メートル)の1番人気に浮上した。

 ディアドラの出走(5着)でも注目されたエクリプスSは、ゴドルフィンのガイヤース(英=C・アップルビー、牡5)が逃げ切り、コロナ禍が落ち着けば凱旋門賞で武豊騎手が騎乗予定のジャパンが3着だった。

 ガイヤースの次走は英インターナショナルS(8月19日、ヨーク、GI、芝2050メートル)で、エネイブルとジャパンはキングジョージVI&クイーンエリザベスS(25日、英アスコット、GI、芝2390メートル)で再戦する予定だ。

 他では、4日の英ダービーは7日前に未勝利戦を勝ったばかりのサーペンタイン(愛=A・オブライエン、牡)が逃げ切り、3着に同厩の未勝利馬が入り、3連単は5万5977倍とレース史に残る大波乱となった。

 5日の仏ダービーは、2月のサンバサウジダービーCでフルフラットの2着だったミシュリフ(英=J・ゴスデン、牡)が優勝した。同日の仏オークスはディープインパクト産駒でアイルランド生まれのファンシーブルー(愛=D・オブライエン)が制覇。ディープ産駒は海外GI16勝目となった。 (在仏競馬記者)


【競馬マンション】
http://keiba-msn.com

◆青木義明が主宰する創業21年の老舗・競馬マンションは元調教師からオーディション合格者まで、プロ予想家が渾身の予想をお届けしています。サイトの会員登録は無料です。よろしければご利用ください。