【大井・羽田盃結果】ゴールドホイヤーが押し切り2馬身差完勝!



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 29日、大井競馬場で行われた第65回羽田盃(3歳・重賞・ダ1800m・1着賞金3500万円)は、2番手でレースを進めた山崎誠士騎手騎乗の4番人気ゴールドホイヤー(牡3、川崎・岩本洋厩舎)が、直線半ばで先頭に立ってゴールまで押し切り、追い込んだ2番人気ブラヴール(牡3、船橋・佐藤賢二厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分53秒3(稍重)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に10番人気ファルコンウィング(牡3、浦和・小久保智厩舎)が入った。なお、1番人気コバルトウィング(牡3、大井・藤田輝信厩舎)は7着、3番人気グリーンロード(牡3、川崎・高月賢一厩舎)は8着に終わった。

 勝ったゴールドホイヤーは、父トランセンド、母ベルグポルカ、その父ピルサドスキーという血統。前走の雲取賞に続く2連勝で、南関東三冠の1冠目を手にした。

 本レースを制したゴールドホイヤーは、6月3日に行われる東京ダービーと7月8日に行われるジャパンダートダービーの、2~5着となったブラヴール、ファルコンウィング、ティーズダンク(牡3、浦和・水野貴史厩舎)、モンゲートラオ(牡3、大井・中道啓二厩舎)は、東京ダービーの優先出走権を獲得した。


【競馬マンション】
http://keiba-msn.com

◆青木主宰の創業21年の老舗・競馬マンションは元調教師からオーディション合格者まで、プロ予想家が渾身の予想をお届けしています。サイトの会員登録は無料です。よろしければご利用ください。