【カペラS】連覇を狙うコパノキッキングが中心/JRAレースの見どころ



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 昨年の覇者コパノキッキングが登場。良績の多い1200mに戻るここで重賞4勝目なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■12/8(日) カペラS(3歳上・GIII・中山ダ1200m)

 コパノキッキング(セ4、栗東・村山明厩舎)は東京盃を逃げ切って久々の重賞制覇を果たし、前走のJBCスプリントでは前崩れの展開を前々で立ち回って2着。大崩れなく高いレベルの走りを続けている。58キロの斤量をこなし連覇達成なるか。

 ゴールドクイーン(牝4、栗東・坂口智康厩舎)は前々走、ここと同条件のながつきSで57kgの斤量を背負いながら好時計で逃げ切り勝ち。また、前走JBCレディスクラシックも逃げ粘って2着した。スピードを活かす競馬でここも好走を期待したい。

 その他、クラスターC2着などの実績があるヒロシゲゴールド(牡4、栗東・北出成人厩舎)、オータムリーフSで2着のテーオージーニアス(牡4、栗東・梅田智之厩舎)、昨年のクラスターC勝ち馬オウケンビリーヴ(牝6、美浦・和田勇介厩舎)、3月以来の勝利を目指すシュウジ(牡6、栗東・須貝尚介厩舎)、条件戦2連勝でオープン入りしたレッドアネラ(牝4、美浦・加藤征弘厩舎)、サマーチャンピオン2着のヒザクリゲ(牝4、栗東・牧浦充徳厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時20分。

【競馬マンション】
http://keiba-msn.com

◆創業19年の老舗・競馬マンションは元調教師からオーディション合格者まで、プロ予想家が渾身の予想をお届けしています。サイトの会員登録は無料です。よろしければご利用ください。