【阪急杯】高松宮記念の重賞ステップ、注目はあの馬/JRAレース展望



サンスポ競馬
http://race.sanspo.com/



 2012年に中京競馬場が改修されて直線に坂が設置されたが、その改修以降7年間の阪急杯勝ち馬のうち3頭が高松宮記念でも連対を果たした。距離は違うものの、高松宮記念に向けた重要なステップレースである。

1.スプリント路線からの距離延長がハマる

 昨年に7番人気で勝ったダイアナヘイローは、それまで1200mを中心に使われていて、1400m以上の勝ち鞍は新馬戦だけだった。2017年4番人気2着のヒルノデイバローも1200mからの距離延長だったし、2015年9番人気3着のローブティサージュも前年夏からスプリント路線に専念していた。

2.内回りコースで馬力が必要

 直線が短い内回りコースを使用するため、パワーと馬力に秀でたタイプが有利になる。このレースで連対したディープインパクト産駒はミッキーアイル一頭だけ。ダイワメジャー産駒が2勝、キングカメハメハ産駒が2勝と、機動力があって早めにスピードに乗れるタイプの好走が目立つ。

3.ベテランが存在感を示す

 過去10年で4歳馬の勝利は1頭だけ。昨年は1番人気の4歳馬モズアスコットが2着に敗れて、2017年1番人気の4歳馬シュウジも8着。また、過去10年の勝ち馬のうち8頭には以前に重賞で連対した実績があった。


 レッツゴードンキは6歳の昨年も高松宮記念2着で、スプリンターズSでも最速上がりをマークして5着に食い込んだ。現役屈指のスプリンターであり、京都牝馬S勝ちがあるように1400mも問題ない。ダートもこなせるパワーの持ち主で、馬力を要する阪神内回りも合っているだろう。


【競馬マンション】
http://keiba-msn.com

◆競馬マンションは、元調教師からオーディション合格者まで、プロ予想家が渾身の予想をお届けしています。サイトの会員登録は無料です。毎週リレー形式で予想家の「無料公開予想」もあります。よろしければご利用ください。