18年中央競馬10大ニュース 怪物牝馬誕生アーモンドアイ 楽々と三冠&JC制覇


2018年12月31日(月) 06時00分



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 中央競馬の一年を10大ニュースとして振り返ります。1位は衝撃的な強さを見せたあの馬。外国人騎手旋風、武豊、福永に菜七子…騎手にスポットが当たる年でもありました。みなさまの新年の競馬ライフが素晴らしいものになりますように!!

 【1位】アーモンドアイ三冠+JC衝撃レコードV

 完全無欠の走りでターフを駆け抜けた。アーモンドアイは1月のシンザン記念から怒濤(どとう)の5連勝。桜花賞-オークスを楽々勝ち切ると、ぶっつけで臨んだ秋華賞も完勝して史上5頭目の牝馬三冠を達成した。

 そして、古馬初挑戦となったジャパンCでは単勝オッズ1・4倍の断然人気に応え、2番手から抜け出し完勝。12年ジェンティルドンナに続き、史上2頭目の3歳牝馬制覇を成し遂げるとともに、従来の記録を1秒5更新したV時計2分20秒6は、堂々の世界レコード樹立となった。なお、G1・4連戦4連勝は史上初。前哨戦を使わない直行ローテも注目を集めた。

 「パーフェクトホース!世界で対等に渡り合える能力がある」。こう語ったのは主戦のルメール。古馬の一線級を蹴散らし、もう日本に敵はいない-。日本馬の悲願である凱旋門賞には「行かなければならない馬だと思っている」と言い切った。次戦は来年3月30日のドバイターフかドバイシーマクラシックを予定。2019年は世界へ飛び出していく。

 【2位】ユタカ超えルメール 外国人騎手旋風

 かつてないほどの外国人旋風が吹き荒れた。その象徴的な存在がルメール。JRA年間215勝を挙げ、05年に武豊が記録した212勝を13年ぶりに更新。“ユタカ超え”を果たした。G1もJRA史上最多の年間8勝。アーモンドアイの主戦として牝馬三冠達成やジャパンC制覇を決めるなど、活躍の中身も濃かった。

 M・デムーロはもちろんのこと、モレイラ、ビュイックといった黒船も次々と襲来。一日11連勝(11月11日、京都1~11R)、10週連続G1制覇(秋華賞~朝日杯FS)など、日本人騎手にとっては受難の一年となった。

 【3位】武豊前人未到の4000勝達成

 史上初、史上最速、史上最年少…。これまで数々の記録を刻んできた武豊が、9月29日の阪神10R(メイショウカズヒメ)で前人未到のJRA通算4000勝を達成。新たな偉業に、セレモニーでは多くのファンや関係者が祝福した。

 87年のデビューから32年目、2万1235回目の騎乗でたどり着いた金字塔。来年は50歳を迎えるが、衰え知らずの肉体と精神力で進化し続けるレジェンドは、次なる節目の5000勝を目指して突き進む。

 【4位】福永ダービージョッキーに

 ついに福永家の悲願達成-。ワグネリアンとのコンビで挑んだ、平成最後の日本ダービー。かつて天才と言われた父・洋一さんでも手に入れることができなかった“ダービージョッキー”の称号を、息子・祐一が19回目の挑戦でついに手にした。

 感極まったユーイチは馬上で男泣き。「これがダービーを勝ったジョッキーの景色かと。父に代わって、目に焼き付けました。ようやく福永洋一の息子として誇れる仕事ができた。いい報告ができます」と誇らしげに語った。

 【5位】菜七子が女性騎手最多勝利記録を更新

 デビュー3年目を迎えた藤田菜七子にとって、大躍進の一年となった。6月に通算31勝をクリアしてG1騎乗が可能に。8月には増沢(旧姓・牧原)由貴子が持っていたJRA女性騎手最多勝記録を更新。JRA年間27勝と、昨年(14勝)の倍近くの勝ち星で自己記録を大きく超えた。

 来年3月から女性騎手は2キロ減となる新たな減量制度が導入されることも決定。19年はG1初騎乗、さらに重賞初制覇と、ますますの活躍が期待される。

 【6位】障害王者オジュウチョウサン有馬出走

 【7位】スペシャルウィーク、テイエムオペラオー死す

 【8位】秋山が史上5人目全10場重賞制覇

 【9位】大井の帝王・的場文男がJRA最年長騎乗記録

 【10位】角居師21年厩舎解散発表&飲酒運転逮捕

 【番外編】竹内涼真が小倉登場で入場人員レコード

 【番外編】デイリーG1馬券プレ24戦全勝
提供:デイリースポーツ



【競馬マンション】
http://keiba-msn.com

◆競馬マンションは、元調教師からオーディション合格者まで、プロ予想家が渾身の予想をお届けしています。サイトの会員登録は無料です。毎週リレー形式で予想家の「無料公開予想」もあります。よろしければご利用ください。