【中山金杯】アドマイヤリード、二千でも実力発揮!前走で鮮やかに復活



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 「中山金杯・G3」(1月5日、中山)

 もどかしい思いを晴らすには十分な内容だった。前走のディセンバーS。アドマイヤリードは横山典の絶妙なエスコートで差し切りV。鮮やかな復活劇で19年へとつなげた。

 「ジョッキーが本当にうまい騎乗をしてくれたね。器用な脚を使えたのは大きい。マイル戦では追走に苦労するところもあったけど、前走は距離も良かった」と須貝師は久々のVに目を細めた。

 自信を取り戻しての19年初戦。前走から距離がさらに1F延長しての戦いになるが、舞台は引き続き中山。いいイメージを持って臨めるのは間違いない。「前走から距離が1F延びるのは、それほど気にならないよ。減っていた馬体も栗東に帰ってからはきっちりと回復して、雰囲気も悪くないからね。ハンデは背負っても56キロまでだと思っていたし、今回も力は出せる」と指揮官は意気込む。

 明けて6歳。円熟期に入ったアドマイヤリードが、もうひと花咲かせるべく、好スタートを決める。
提供:デイリースポーツ



【競馬マンション】
http://keiba-msn.com
◆競馬マンションは、元調教師からオーディション合格者まで、プロ予想家が渾身の予想をお届けしています。サイトの会員登録は無料です。毎週リレー形式で予想家の「無料公開予想」もあります。よろしければご利用ください。