【府中牝馬S】豪華メンバーの一戦、好走の条件とは/JRAレース展望



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 エリザベス女王杯のステップレース。かつては本番との関連性があまり高くなかったが、2011年のGII昇格以降、出走メンバーのレベルが徐々にアップ。一昨年は勝ったクイーンズリングが本番も連勝、本番で2着したシングウィズジョイも当レースに出走していた(7着)。昨年の勝ち馬クロコスミアも本番で9番人気2着と、かつてとは性格が変わって、ここに来てステップレースとしての重要性が高くなっている。

1.重賞実績馬の存在感が高まる

 GII昇格後昨年まで7年間の連対馬14頭のうち11頭は、それ以前に重賞を勝った経験があった。昨年の勝ち馬クロコスミアは重賞初勝利だったものの、3歳時にローズS2着の実績があった。2010年までは3年続けて重賞未勝利の馬が勝っていたように、格上がりの馬の活躍が目立ったが、GII昇格以降は実績で劣る馬には好走の余地が小さくなっている。

2.秋華賞との関連性が高い

 昨年の2着馬ヴィブロスは前年の秋華賞馬で、一昨年の勝ち馬クイーンズリングはその前年の秋華賞で2着、このレースを3回走って2・2・3着のスマートレイアーも秋華賞2着馬。2009年に7番人気でここを勝ったムードインディゴは、前年の秋華賞を8番人気で2着と、両レースをともに穴で好走している。コース形態や距離は違うものの、速い上がりの中距離戦ということで、この2レースの関連性は高い。

3.牡馬混合戦ステップに注目

 昨年の勝ち馬クロコスミアは牡馬混合の準オープンを快勝しての臨戦で、2着のヴィブロスの前走ドバイターフも牡馬混合。一昨年の1、2着馬クイーンズリング(米子S)、マジックタイム(関屋記念)、2015年の1、2着馬ノボリディアーナ(小倉日経OP)、スマートレイアー(米子S)も同様。前走で牡馬混合の厳しい流れを経験している馬の好走例が目立つ。


 リスグラシューはヴィクトリアマイルでハナ差2着に終わったが、大外枠が響いた面があり、負けて強しと言う内容だった。牡馬の一線級相手の安田記念は8着に終わったものの、東京では重賞を2勝していて得意コースと言える。54kgで出走できるのも有利だ。

【競馬マンション】
http://keiba-msn.com

◆競馬マンションは、元調教師からオーディション合格者まで、プロ予想家が渾身の予想をお届けしています。サイトの会員登録は無料です。毎週リレー形式で予想家の「無料公開予想」もあります。よろしければご利用ください。