藤田菜七子、「敏腕エージェント消滅」の謎事件を追う!



http://news.nifty.com



2018年07月17日 05時59分 アサ芸プラス



 春のGIシーズンが終わり、本格的な夏競馬に突入して早々、競馬界をグラリと揺るがす2つの事件が東西で同時に勃発した。

 まず、「東」では、中央競馬会の“アイドルジョッキー”藤田菜七子騎手(20=根本厩舎)を支える敏腕エージェントが突如、契約解除したのだ。

 菜七子騎手がJRA通算30勝を達成したのは7月7日で、騎乗したのは福島2R(ダート1700メートル)。Dr.コパこと、小林祥晃オーナーのコパノステラートは15頭立てで7番人気だった。

「菜七子ちゃんの馬が3コーナーで先頭を奪うと、場内は騒然。そのまま押し切って2着馬をクビ差で封じ込めた瞬間は、まるで重賞レースにでも勝ったかのような大歓声が沸き上がりました」(競馬関係者)

 七夕のメモリアルデーに、単勝1720円の中穴をブチ抜いて今年早くも10勝目。女性騎手初となる2年連続2ケタ勝利を飾り、アイドル人気だけでなく実力も身につけてきた菜七子騎手だが、この過熱フィーバーの裏で、“事件”は起きていた。美浦トレセン関係者が明かす。

「この記念すべきJRA30勝をあげた日の2日前、菜七子騎手のエージェント(騎乗依頼仲介者)が突如『担当しなくなった』と明かし、契約を打ち切ったんです。窓口が不在となり、美浦トレセンは大パニックになりました」

 なぜ、このタイミングでエージェントが去ったのか?今後の菜七子騎手は?そして、「西」では、飲酒運転で逮捕された角居勝彦調教師(54)の今後がさまざまに注目されていた──。

 7月17日発売の「週刊アサヒ芸能」7月26日号ではこの競馬界2大騒動をトップ特集で詳報している。

【競馬マンション】
http://keiba-msn.com

◆競馬マンションは、元調教師からオーディション合格者まで、プロ予想家が渾身の予想をお届けしています。サイトの会員登録は無料です。毎週リレー形式で予想家の「無料公開予想」もあります。よろしければご利用ください。