さあ樫の舞台へ! サトノワルキューレが出遅れ最後方から直線一気V!/フローラS



http://www.netkeiba.com/



 22日、東京競馬場で行われたフローラS(3歳・牝・GII・芝2000m)は、スタートで出遅れ最後方からの競馬となったM.デムーロ騎手騎乗の1番人気サトノワルキューレ(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)が、直線で外から全馬を差し切り、好位追走からしぶとく脚を伸ばした13番人気パイオニアバイオ(牝3、美浦・牧光二厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分59秒5(良)。

 さらにクビ差の3着に5番人気ノームコア(牝3、美浦・萩原清厩舎)が入った。なお、2番人気サラキア(牝3、栗東・池添学厩舎)は4着、3番人気オハナ(牝3、美浦・堀宣行厩舎)は14着に終わった。

 勝ったサトノワルキューレは、父ディープインパクト、母ヒアトゥウィン、その父Roi Normandという血統。牡馬を破ったゆきやなぎ賞からの2連勝で重賞初制覇を飾った。また、本馬及び2着のパイオニアバイオは5月20日に行われるオークスの優先出走権を獲得した。


http://keiba-msn.com

◆競馬マンションは、元調教師からオーディション合格者まで、プロ予想家が渾身の予想をお届けしています。サイトの会員登録は無料です。毎週リレー形式で予想家の「無料公開予想」もあります。よろしければご利用ください。