日馬富士「引退」の真相 白鵬の温情が逆風を強める結果に



livedoor
http://www.livedoor.com/



2017年11月30日 11時0分
東スポWeb



 大相撲の横綱日馬富士(33=伊勢ヶ浜)がついに引退。29日、日本相撲協会に引退届を提出し、受理された。10月の秋巡業中に鳥取県内で幕内貴ノ岩(27=貴乃花)に暴行を加えた問題で、警察や日本相撲協会の調べが続く中、処分を待たずに自らが責任を取って引退を決意した。周囲の猛批判にも現役続行に意欲を見せ続けてきた日馬富士が、最悪の道を選ばざるを得なかった事情とは――。

 もはや選択肢はなかったということか。貴ノ岩への暴行問題は社会問題にまで発展し、日馬富士の精神状態は日に日に衰弱していた。テレビ番組の取材に応じた日馬富士に近い友人は「食事をしても、注文したものを半分残すほどだった」とか。もちろん稽古もままならず、土俵に上がりたいという最後の情熱も失せていく一方だった。そんな状況下で日馬富士は引退の道を選んだ。選ばざるを得ないほど、追い込まれていたというのが実情だ。

 事態が大きくなるにつれ、逃げ道がなくなっていたのも事実だ。28日には横綱白鵬(32=宮城野)が、福岡市内で鳥取県警からの呼び出しに応じ、実に約7時間半にも及ぶ事情聴取を受けた。大横綱にまで迷惑をかけてしまった。こうなった以上は――日馬富士の苦しい心中は、察するに余りある。

 事件は社会的な大問題にまで発展していたことも、精神状態に重圧をかけた。28日には日本相撲協会の八角理事長(54=元横綱北勝海)がスポーツ庁を訪問。鈴木大地長官(50)に謝罪すると「社会に対する説明責任を果たしてほしい」と厳しい言葉を送られている。

 27日の横綱審議委員会では「厳しい処分が必要」という意見が大半を占めたものの「引退勧告」は出されなかった。しかしこのまま鳥取県警や相撲協会の危機管理委員会の調査が進めば、厳しい処分が下される可能性は大。何よりも2010年に暴行事件により「引退勧告」を受けた元横綱朝青龍のような最悪の事態だけは避けたかったというのが本音か。

 九州場所千秋楽では白鵬が「うみを出し切って日馬富士関と貴ノ岩関を再び土俵に上げてあげたい」と発言し、万歳三唱で締めくくったが、この行為には厳しい声が飛び交った。大横綱の温情が日馬富士への逆風を強めてしまうという、何とも皮肉な結果となった。

 仮に現役を続けたとしても、協会内部に不穏な空気を呼び起こした張本人という視線は避けられない。何よりも愛する母国の先輩や同胞の力士にまで迷惑をかけてしまった。自らが身を引いて事態を収束させるしかなかったのだろう。

 軽量ながら激しい闘志と速攻で9回の優勝を果たし、多くのファンを魅了した日馬富士。酒席でのトラブルで土俵を去らなければならなかったことは、一生悔いが残るに違いない。


【競馬マンション】
http://keiba-msn.com

◆競馬マンションは、元調教師からオーディション合格者まで、プロ予想家が渾身の予想をお届けしています。サイトの会員登録は無料です。毎週リレー形式で予想家の「無料公開予想」もあります。よろしければご利用ください。