今年から別定の芝2000m、この条件に適した馬は/チャレンジC展望



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 以前、この時期の阪神では別定で鳴尾記念が行われていたが、5年前にハンデ戦芝1800mのチャレンジCになって、さらに今年から別定の芝2000mと、ここに来て条件が目まぐるしく変わっている。

 昨年までこの週に行われていた金鯱賞が今年から春に移動したことにともなって、中京2週目に設置されたハンデGIIIの中日新聞杯と施行時期が入れ替わる形。つまり、有馬記念まで中2週のグレード別定戦という意味で、昨年までの金鯱賞に近い役割も担うことになる。

1.器用さが問われる内回り戦

 GIの大阪杯、GIIIの鳴尾記念、チャレンジC、マーメイドSと、この条件の古馬重賞が4つになった。内回りの阪神芝2000mは器用さが要求されるコースで、さらに開幕週となれば逃げ・先行馬に有利なレースになりそうだ。

2.前走からの斤量変わりに注意

 翌週に同じ距離でGIIIの中日新聞杯が行われるが、あちらはハンデ戦でこちらは別定戦。間隔的に有馬記念への参戦も可能ということで、実績上位馬はこちらを使うことが多くなると予想される。前走から斤量が軽くなる実績上位の馬に要注意。

3.洋芝の開幕週でキレよりしぶとさ

 阪神の芝コースはこの開催の前に洋芝がオーバーシードされる。その効果もあって、12月開催は一年のうちでもっとも力を要する馬場状態になる。キレ味を武器にするタイプは割り引いて考える必要がある。


 注目はマイネルミラノ。ハンデGIIIでは58kgを背負わされる馬で、中日新聞杯ではなくこちらへ矛先を向けてきた。58kgを背負った福島記念では早め先頭から粘り切れなかったが、前々走のオールカマーは56kgで格上相手に見せ場充分の4着。函館記念勝ちにオープン特別を2勝の実績は、今回のメンバーでは格上と考えられる。洋芝の開幕週で落ち着いた頭数と、今回は買い材料が多い。




【競馬マンション】
http://keiba-msn.com

◆競馬マンションは、元調教師からオーディション合格者まで、プロ予想家が渾身の予想をお届けしています。サイトの会員登録は無料です。毎週リレー形式で予想家の「無料公開予想」もあります。よろしければご利用ください。