サウンドトゥルー大野騎手「本当に良い状態で迎えられそう、チャンス十分」/チャンピオンズC共同会見



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 前走のJBCクラシック(JpnI)を制し、チャンピオンズC(GI・ダ1800m)連覇を狙うサウンドトゥルー(セン7・美浦・高木登)が、大野拓弥騎手を背に坂路で最終追い切りを行った。追い切り後、大野騎手と高木調教師が共同記者会見に臨んだ。

■大野騎手

(前走は素晴らしい勝利で?)
「直線で良い脚を使えるように乗りましたが、強い勝ち方をしてくれました。手応えのある勝利でした。今、充実していますね」

(今朝の坂路での最終追い切りについて)
「先週あらかたやってそこで確認は済んでいますので、(今朝は)最終的な仕上げという感じで、順調に来ているなと思いました」

(昨年よりも今年の方が充実している?)
「今年は秋の出だしからある程度調子が上がっていましたので、そういった意味では今年の方が順調に来ています」

(連覇にチャレンジするわけだが?)
「プレッシャーはありますけど、その中でやれることを嬉しく思っています。楽しみも大きいですね」

(現時点でレースのイメージは?)
「ある程度、型の決まっている馬なので、そういう競馬になるかなとは思います。あとは枠順で展開が変わってくると思いますので、(枠順が)出てからいろいろ考えたいと思っています」

(必ずしも去年と同様のレースにはならない?)
「そうですね、臨機応変に対応できたらいいと思っています」

(ライバルも多いが連覇に向けての自信は?)
「そうですね、本当に良い状態で迎えられそうなので、そのような期待は高いですね。中京も相性が良いと思っていますし、何も問題ないと思います」

(GIゲットに視界良し?)
「チャンス十分だと思っています」

(最後にファンへのメッセージを)
「連覇目指して頑張ります。応援よろしくお願い致します」

■高木調教師

(快勝だった前走を振り返って)
「自分で3コーナーから動いていって、しっかり勝ちに行って、勝ってくれて良かったですね」

(前走後の調整過程は?)
「前走後の反動もそんなになく、15日から時計を出し始めて、チャンピオンズCに向かって順調に来ていますね」

(今朝の坂路での単走の最終追い切りについて)
「本当に良い状態をずっとキープしているので、余計なことはいらないなと思っていました。先週ある程度負荷をかけておいて、今週はサラッとで十分かなという感じでした。調教ではあまり動く馬ではないので、十分だと思います」

(連覇へのプレッシャーは?)
「いつも伏兵のような感じですが、今回は新聞が賑わっているなと思って、緊張はありますね」

(今回はJBCクラシックを勝ってここへということで、昨年以上の期待もある?)
「GIのレースのたびに勝ち馬が変わるので、混戦だと思っていますが、終いはしっかり脚を使いますので、馬を信じて送り出します」

(昨年以上に充実しているようだが、昨年と比べると?)
「去年は夏に戻ってきて多少硬さがあるかなという感じでしたが、今年は本当に良い状態で戻ってきて順調ですね。気になるところがないというか、ようやく良くなってきたのかなという感じです」

(昨年のレース振りを見ても、中京競馬場のタフなダートコースも合っていそう?)
「はい、そう思っています。左回りで、距離的にも1800くらいがベストかなと正直思っています」

(大野ジョッキーとは信頼のタッグで?)
「そうですね、十分、馬のことも理解していますし、脚の使いどころもだいぶわかってきたでしょうし、大野君を信頼して任せていきたいと思います」

(最後にファンへのメッセージを)
「非常に良い状態で送り出せると思いますし、連覇がかかっていますけど、馬も良い状態なので頑張ってくれると思います。応援よろしくお願い致します」





【競馬マンション】
http://keiba-msn.com

◆競馬マンションは、元調教師からオーディション合格者まで、プロ予想家が渾身の予想をお届けしています。サイトの会員登録は無料です。毎週リレー形式で予想家の「無料公開予想」もあります。よろしければご利用ください。