ダート路線のオールスター戦、好走条件を備える馬は/チャンピオンズC展望



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 フェブラリーSと並んでJRAのダート路線の頂点を決するレース。芝のチャンピオン決定戦は距離によって細分化しているが、ダートでは多くの馬がひとつの頂きを目指すため、必然的にこのレースではオールスターが激突する構図になる。

1.スタミナが問われる一戦

 交流のダートグレードレースはJRA所属馬3~4頭による争いになることが大半だが、それと対照的にJRAで行われるダートGIでは五指を超える有力馬が争覇圏内にひしめくのが通例だ。レース展開も交流重賞のようにすんなりした流れにはならない。直線に坂があるコースで行われることもあり、ダート1800mという字面以上のスタミナが要求される。

2.ベテランの壁は厚い

 スピードが要求されるフェブラリーSと違って、スタミナ要求度の高いこのレースでは若い馬は苦戦を強いられる傾向がある。阪神のジャパンCダート時代も含めた過去10年で、4歳馬の勝利は2010年のトランセンドが最後となっており、以降3・4歳の連対は一昨年2着のノンコノユメただ一頭。

3.人気馬同士の決着は例外的

 過去10年で、上位4番人気以内の馬同士でワンツーしたことは一度もなく、毎年必ず1頭は人気薄の馬が連絡みして高配当になっている。展開的に紛れが生じやすいことに加えて、このカテゴリーには有力馬が多数ひしめいているため、人気の盲点が発生しやすい。人気馬から穴馬への流し馬券が有効だろう。


 軸馬として注目したいのはサウンドトゥルー。昨年の当レースの勝ち馬で、前走は2000mのJBCクラシックを勝利。チャンピオンズCでは一昨年も5番人気で3着しており、地方交流よりも当レースの方が追い込みが決まりやすい分、安定感がある。7歳馬だが去勢しているため能力の衰えは緩やか。むしろ早めに動けるようになって、ここに来て充実期を迎えている印象もある。


【競馬マンション】
http://keiba-msn.com

◆競馬マンションは、元調教師からオーディション合格者まで、プロ予想家が渾身の予想をお届けしています。サイトの会員登録は無料です。毎週リレー形式で予想家の「無料公開予想」もあります。よろしければご利用ください。